メールレディの副業がばれた時の対処法(違反)

会社では社則で副業を禁止しているところが多く、違反がばれた人は結構多いです。どうやってバレたのかは色々な理由がありますが、バレた場合の対応を誤れば会社を首になるかと思います。まず辞めるか辞めないかを迫られたときはどちらが儲かっているかを考えましょう。あまり儲かっていないのならやめるべきです。もっと収益を上げられそうなら独立するのもありでしょう。違反がばれた時の対処を頭の中でシミュレーションしておくのが予防策としておすすめです。

身バレ防止を徹底する

メールレディをする上で気にしなければいけないのが身バレです。身内や彼氏、旦那にメールレディをしているのをバレると、幾ら直接会っていなくても、「浮気しているんじゃないか?」「他の男性にエッチな事を言っているのではないか?」と疑われるでしょう。そうならない為にプロフィールに乗せる顔写真には気を付けないといけません。

ウィッグやメイクでごまかす

女性がメイクを思いっきり変えると案外別人に見えます。ましてウィッグを付けると誰かわからない事が多いです。写真の撮り方も正面から撮影するのではなく、少し斜めから撮影するなどの工夫が必要です。

画像加工アプリも駆使する

画像加工アプリには口元を隠すスタンプなどが載せられます。それを上手く使えば別人に見えるのでほぼバレません。

メールレディの副業は家族にも黙っておこう

メールレディの副業にかかわらず副業をしている事を色々な人に言うのは辞めておきましょう。できれば家族にすらあまり言わない方がいいです。副業しているとお金を持っていると思われて、嫌味を言われたりする事があります。また副業禁止の会社の場合、密告される恐れもあります。稼げている場合などは特に人に言わず、金使いが荒くならない様にしなければいけません。

どこからバレるかわからない

副業がNGの会社に勤めている場合、バレたらクビを迫られるケースが多いです。このまま続けたら退職させるといわれます。安定した仕事と引き換えに続ける人はいないでしょう。ほかの人から通報されて副業がバレる事もあるので、あまり言わない方がいいでしょう。不用意に人に言ってクビになるような事にならないようにしましょう。お金を持っていると嫉妬や妬みを持たれやすいです。

バレた時の言い訳も考えておこう

公務員の方がこっそり副業をやるにしても、正社員の方が会社に黙って副業をするにしてもバレる可能性があります。そうなる前に事前にやるなら言い訳を考えておいた方が焦らずに言い逃れできます。前もって何パターンか言い訳を用意しておくといざという時に逃げられますからね。突然だとどうしようもありません。女性ならメール副業はバレにくいので有名ですが男性は特にやる前に考えておきましょう。

公務員は副業禁止

公務員の方は基本的に副業やアルバイトは禁止になっています。でも生活が苦しいのでどうにか収入を増やしたいと言う方は多いです。最近多いのは身元を完全に出さないネットでの副収入稼ぎが人気です。FXや株式なども多いですが、アフィリエイトなどもバレにくいです。女性でしたらメール副業なども人気があります。ウェブの中で稼げるスキルがあれば公務員でも問題無く副業できますね。

地方や田舎ほどネットでの副業に疎い

副業でメールレディをする人にとって一番危険なのが身バレです。身元がバレてしまうと会社に見つかって退職に追い込まれたり、またエッチな事を仕事にしているのをネタに脅される可能性もあります。
田舎の方が高齢化も進んでおり、かつネットを使う人もそんなに多くありません。メールレディの副業はネット内ですべて解決します。銀行口座開設もネットですべてできるのでバレにくいのです。

会社で副業が禁止な理由は副業は本業に悪影響を与えない為って本当?

会社に勤めていてもある程度の給料以上は上がらない。でも生活が苦しいので副業したいと思っていても、会社で禁止になっているので出来ないという人は多いです。なぜ会社で副業が禁止になっているか疑問に思いませんか?法律上は禁止にできない様になっています。日本の会社では24時間会社員を要求されるので、会社の仕事以外に力を注いでほしくないと思っています。本業に支障がないならこっそり副業しても問題ないでしょう。

確定申告せず脱税でバレる

収入を得た場合、規定額を超えると確定申告をする必要があります。少額ならと脱税している方も多いでしょう。今まではそれで問題なかったかもしれませんが、税収が落ち込んでいる今では少ない所からでも取る姿勢が見れます。マイナンバーが普及するためにそうなるでしょう。何年か経ってから徴税にきます。脱税の税率はとても高いので確定申告に慣れるためにやっておいた方が後々安全になってきます。

普通徴収で住民税を納税したら正社員の副業はばれない

確定申告の季節がやってくると納税に関する検索数が上がってきます。特に副業をバレずに済ませたい方がやり方を調べる事が多いです。メール副業はかなり稼げるので、確定申告をした方がいいでしょう。その際に住民税の納税は普通徴収で行い、自分で支払った方が会社などの特別徴収にでる事が無いので安全です。コッソリ稼いで貯金しておく方がいいですよね。

マイナンバーから副業はばれるのか

マイナンバーがあると副業したらばれるのじゃないか?と戦々恐々としている人は多いです。実際こっそりネットで在宅ワークをしている方も多いです。しかし今の所は問題ありません。マイナンバーと銀行口座を関連付けした場合に副収入がバレる可能性があります。しかしながらこれも確定申告すれば問題ありません。住民税などの納税を特別徴収では無く普通徴収にすれば会社にバレずに済むので、実際はそんなに危険な事はありません。

本来法律で副業はOK

公務員でない限り民間の会社に勤めている方は法律では副業はOKになっています。しかしながら社則で禁止になっている所も多く、こっそり副業をしている方も多いです。堂々と言えずバレないかドキドキしながら副業をするのなら、バレにくいメールレディの方がおすすめです。女性専門ですが、ネットで調べられる事もありません。違法ではありませんが法的に難しく会社もOKを出さないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする